チェックした霊園をまとめてお問い合わせ
  • 区画タイプから霊園・墓地を探す

  • 運営形態から霊園・墓地を探す

  • 宗旨・宗派から霊園・墓地を探す

  • 特徴から霊園・墓地を探す

  • エリアから霊園・墓地を探す

  • 関東の都道府県から霊園・墓地を探す

  • 横浜市の霊園・墓地の平均価格

    • 一般墓地
      218.2万円~
    • 永代供養
      44.7万円~
    • 納骨堂
      26.7万円~
    • 樹木葬
      48.2万円~
  • 横浜市の墓地・霊園で よくある質問

  • 横浜市の 霊園・墓地事情

    POINT!

    • 市内の個人墓地を除いた墓地は721件(2018年度末時点)
    • 墓地・霊園は現状港北区や旭区に多い
    • 市内の墓地は今後も増加していく見込み

    横浜市は、神奈川県の県庁所在地で、政令指定都市になっています。
    人口は約376万人(2020年時点)で、国内の市区町村の中では最多です。

    横浜市と言えば、横浜駅を中心とする西区、みなとみらいや横浜中華街などの数多くの観光地を有する中区のイメージが強いですが、西区、中区の墓地や霊園はそれほど多くありません。
    お墓さがしで最も墓地・霊園の掲載数が多いエリアは、市内で人口の最も多い港北区や、団地がある旭区などです。

    厚生労働省の統計によると、横浜市内の墓地の総数は、2664件です。このうち個人墓地が1943件なので、一般に募集している、あるいは過去に募集していた墓地は721件と考えられます(2018年度末時点)。
    参考:「衛生行政報告例 / 平成30年度衛生行政報告例/ 統計表/ 年度報」

    また、今後も市内の墓地の数は増えていくと予想されます。
    ま2010年の「横浜市墓地問題研究会報告書(概要版)」では以下のように報告されました。

    平成20年度末時点における市内の墓地の供給可能区画数は約 40,000 区画あり、平成 25年までの需要を満たせるが、平成38年(2026 年)までにさらに約94,000区画の墓地整備が必要になると推計される。

    参考:横浜市墓地問題研究会報告書(概要版)

    国内的には高齢社会の次に「多死社会」が来ると言われており、2040年頃をピークに死者数は増えていくと推定されます。横浜市内においても、お墓を増やす動きは加速していくでしょう。

    横浜市の墓地・霊園の特徴

    POINT!

    • 現代らしい民営霊園が多く開発されている
    • 公営墓地は納骨堂あわせて6件と多い

    墓地や霊園の種類では、昔から営まれている寺院墓地はもちろん、現代らしい民営霊園も多く開発され、墓地選びの主流となっています。
    対して、昔から地域で営まれているような共同墓地は、市内では珍しいと言えます。
    公営墓地は納骨堂を含めて6件。令和2年現在、(仮称)舞岡墓園も新たに造成されています。

    横浜市のお墓の特徴

    POINT!

    • 一般墓の他、永代供養墓や樹木葬、納骨堂も多数
    • 今後は芝生墓地や樹木葬などの新しいお墓の増加が見込まれる

    日本最大の人口を抱える大都市横浜では、お墓の種類も多様です。
    墓石を建てて代々引き継いでいく一般墓はもちろんのこと、永代供養墓や樹木葬も盛んに造られています。
    県内の納骨堂も横浜市に多く集中しており、多様なお墓の種類から選ぶことができます。

    現状はまだ一般墓の霊園が多数派ですが、2010年の横浜市墓地問題研究会では、下記のように報告されています。

    これまでの経緯と研究会を立ち上げる理由
    (中略)
    従来の墳墓型墓地ではなく、緑を生かすことができる芝生型墓地、樹木型墓地、土地形状を活用する壁面型墓地、後継者がいない方等のための合葬式墓地など、新形態の墓地に対する市民のニーズが多くなってきており、市営墓地にその供給が期待されていることから、市営墓地整備を検討する必要がでてきたこと。

    参考:横浜市墓地問題研究会 報告書について

    今後は従来のような形のお墓だけでなく、樹木葬や合祀墓、コンパクトな芝生墓地や壁面墓地など新しい形のお墓がますます増えていきそうです。

    横浜市の一般墓の特徴

    POINT!

    • コンパクトな洋型墓石が主流になりつつある
    • 区画のバリエーションも多彩に
    • 寺院墓地や公営墓地ではまだまだ和型墓石が根強い

    横浜市でお墓選びの主流となっている民営霊園では、一般墓はコンパクトな区画から多く用意されています。
    コンパクトな区画では、洋型で外柵を設置しないタイプがほとんどで、いわゆる都心部で多く見られる形です。

    小さな区画では隣と隙間を設けずに石塔が並びますが、あえて隙間を設ける「ゆとり区画」や、区画と区画の間に草花を植える「ガーデニング区画」なども販売され始めました。

    一方、昔ながらの寺院墓地や公営墓地ではまだまだ和型墓石が多く、民営霊園と比べても一区画の面積は広めです。

    この他、少子化や核家族化の流れを汲み、一般墓でも永代供養がついている霊園も登場し始めています。

    横浜市の樹木葬の特徴

    POINT!

    • 都市型樹木葬が主流
    • 遺骨は土に還らないことが多い
    • 埋葬箇所にプレートなどを設置することが多い
    • 一定期間後遺骨は合祀になるものが多い

    横浜市の樹木葬は、都市型と呼ばれるタイプが主流です。

    都市型樹木葬とは、都心部などに造られる公園風の樹木葬墓地のことです。
    一般的に想像される、山林の樹木の下で土に還るというような樹木葬は、里山型樹木葬と言われます。
    横浜市には、里山型樹木葬はほとんどありませんので、注意してください。

    横浜市内にある樹木葬の多くは、ご遺骨が土に還りません。
    花壇のような区画に一定期間骨壺で埋蔵し、その後は合祀墓に移動するというものが一般的です。
    一方、区画の上に墓石プレートなどを設置することが多いので、お参りの際にどこに納骨されているかが分かりやすいというメリットもあります。

    一部ではご遺骨を土に還してそのまま動かさないものもあるので、ご遺骨を合祀にしたくない方はそちらを検討してください。

    横浜市の納骨堂の特徴

    POINT!

    • 公営初の自動搬送式納骨堂がある
    • ロッカー式・仏壇式・自動搬送式など一通りの種類がある

    横浜市内には、宗教法人や公益社団・財団法人が運営する納骨堂が7つあります(平成30年度時点)。
    参考:「衛生行政報告例 / 平成30年度衛生行政報告例/ 統計表/ 年度報」

    区分けされた棚に納骨するロッカー式納骨堂や、仏壇と納骨スペースがセットになった仏壇式納骨堂があります。
    加えて、東京都心で急増している自動搬送式納骨堂も造られました。
    2018年には、全国初の公営の自動搬送式納骨堂「日野こもれび納骨堂」も完成しています。

    横浜市のお墓の価格

    横浜市でお墓を用意する場合、相場は以下の通りです。

    • 一般墓(墓石のお墓):100~250万円程度
    • 永代供養墓:10~100万円程度
    • 樹木葬:10~60万円程度
    • 納骨堂:20~90万円程度

    横浜市のお墓のアクセス

    POINT!

    • おおむね電車またはバスでアクセスできる
    • 高速道路でのアクセスも便利

    横浜市内は非常に交通が発達しており、JR各線や市営地下鉄、東急、京急、相鉄線など様々な線路が通っております。加えて路線バスも交通をカバーしているため、ほとんどの霊園は電車かバスでアクセスすることができます。
    また、ほとんどの墓地や霊園では駐車場を設けています。市内では高速道路も多く通っているので、車でのお参りも不便はないでしょう。

    横浜市にある公営墓地

    横浜市内には、以下の市営墓地や市営納骨堂があります。

    • 三ツ沢墓地
    • 日野公園墓地
    • 久保山墓地
    • メモリアルグリーン
    • 日野こもれび納骨堂
    • 久保山霊堂
    • (仮称)舞岡墓園(※造成中)

    このうち令和2年度で募集があったのは、三ツ沢墓地、日野公園墓地、久保山墓地、日野こもれび納骨堂です。
    これらの墓地や納骨堂は、定期的に募集期間が設けられています。
    メモリアルグリーンは全区画が埋まっており、当面募集の予定はありません。

    また、(仮称)舞岡墓園は、2021年供用開始予定の市営霊園です。
    現在は工事中ですが、完成後は芝生墓地や、合葬式の樹木葬や永代供養墓が設置される予定です。

    なお、久保山霊堂は現地と相談の上申し込むことができますが、あくまでも短期的に遺骨を一時的に預ける施設です。最終的な納骨先は他に探さなければならないので、納骨堂をお探しの方は民営も併せて探してみてください。

  • 横浜市の霊園・墓地に関する お役⽴ちコラム