お墓の情報発信マガジン

お墓に関する知識・ニュースなどを発信

無縁仏になりたい人はどうやったらいい?お墓の種類と方法

無縁仏になりたいのイメージ1

価値観が多様化する現代において、お墓の価値観も多様化しています。
これまでお墓は家で引き継いでいくのが当然でしたが、最近では家のお墓に入りたくない、嫁ぎ先の家に入りたくないので、無縁仏になりたいという意見も聞かれるようになりました。

自ら望んで無縁仏になることはできるのでしょうか。

今回は、家のお墓に入りたくない人はお墓をどうすればいいかを解説します。

無縁仏とは何か

まず、無縁仏とは何かについてここで確認します。

無縁仏とは、大まかに言って供養してくれる人がいない仏のことを言います。
昨今ではお世話をしてくれる人がいなくなった「無縁墓」が問題になっています。
無縁墓に埋葬されている仏様は供養する人がいないので、無縁仏です。

無縁仏になるとどうなるか

無縁仏になるパターンとしては、2通り考えられます。
一つは、亡くなった時点で身寄りがない場合、もう一つはお墓が無縁化した場合です。

亡くなった時点で身寄りがなかった場合

身寄りのない人が孤独死し、遺骨を引き取る人がいない、または引き取りを拒否された場合は、無縁仏となります。
この場合、遺骨は行政に引き取られます。
行政に引き取られた遺骨は一定の保管期間を経て、自治体の無縁塚に入れられます。

無縁塚は合祀のお墓なのですが、お寺や霊園にある合祀墓との違いは、供養がされないことです。
お寺や霊園にある合祀墓では、管理しているお寺が合同法要などの際に供養してくれます。
対して、自治体は宗教を選ぶことができないので、無縁塚では供養が行われません。

遺骨は誰にも供養されることなく、文字通り無縁仏となります。

お墓が無縁化した場合

お墓が無縁化した場合、埋葬されている遺骨はどうなるのでしょうか。

無縁化したお墓を無縁墓と言います。
無縁墓は、墓地の管理者側が官報や立て札で告知した後、然るべき手続きを経て管理者が撤去します。
お墓が公営墓地であれば無縁の合祀墓に、それ以外であれば、ほとんどの場合永代供養の付いた合祀墓に埋葬されます。

本来であれば上記のような手続きが取られるのですが、実際にはされている無縁墓が多数あります。
お墓の撤去にはお金がかかりますが、無縁墓の撤去費用は管理者の負担になります。
管理者に余裕がなければ、手つかずになりそのままになります。

特に公営墓地で敷地も広大にある場合は、無縁墓の数も相対的に増え、撤去費用も莫大になります。
無縁墓がいつまでも撤去されないということも珍しくありません。

無縁仏になることはできるか

それでは、自ら望んで無縁仏になることはできるのでしょうか。

自らの意思では難しい

無縁仏とは供養してくれる人がいない仏様のことを指しますので、自分が無縁仏になるかどうかは残された周りの人次第です。
誰かが自分のことを思って供養してくれれば無縁仏ではなくなるので、自分の意思だけで無縁仏になることは難しいでしょう。

家族や親族の墓に入らない方法はある

「無縁仏になりたい」のニーズとして、家族や婚家と同じ墓に入りたくないということであれば、要望を満たす方法はあります。
本家や嫁ぎ先の墓に入らない方法には、以下の方法があります。

・散骨してもらう
・自分だけ別の永代供養墓に入れてもらう

以下では、これらの方法について解説します。

散骨とは

散骨とは、山や海などに遺骨をまいて、自然に還す方法です。
散骨については法律で規定されていませんが、現在はグレーゾーンということで実施が黙認されています。

散骨に当たっては、遺骨を粉々にする「粉骨」が必要になります。

散骨をする場合は散骨業者に頼むのが無難です。
粉骨から遺骨を撒くまで全て業者に委託すれば、5万円~でできます。
遺族の手によって撒いてもらう場合は、10-30万円程度見ましょう。

散骨は業者に頼まないでもできますが、極めてハードルが高い点に留意しましょう。
まず、粉骨では、遺骨を直径2mm以下に砕く必要がありますが、一般人が手の届く器具でしようと思うと体力的にも精神的にも非常に大変です。
また、散骨地についても様々な規制があり、海であれば決められた距離を沖合に出る必要があります。
海でなければ、自分の土地か、所有者の承諾を得ている土地で実施します。
さらに、周辺に水源地がない、観光地でない、民家が近くない、民家が近い場合は住民に許可を取っているなど、様々な条件が付いてきます。

散骨は一般人が自力でやるにはハードルが高いので、業者を手配しておきましょう。

家族や親族と別の墓に入るには

家族や親族、嫁ぎ先と別のお墓に入る場合は、「永代供養墓」を探しましょう。
永代供養墓とは、墓地を管理するお寺が遺族などの代わりに供養してくれるお墓です。
お墓の手入れ供養はお任せなので、遺族などがお参りに来なくても荒れ墓になることもなく、周りに迷惑もかけません。

個人で使える永代供養墓には、以下のようなものがあります。

合祀墓

合祀墓とは、大きなお墓の納骨室に他の遺骨と一緒くたに埋葬されるお墓です。
自分だけのお墓にはなりませんが、自分の親族とは別のお墓に入ることができます。
「無縁仏」と聞いて一番近いイメージのお墓は合祀墓ではないでしょうか。

合祀墓は費用も安く、10-30万程度が相場ですが、最安値で5万円で埋葬してくれます。
管理費もかからないので、後に迷惑も掛かりません。
お寺に遺骨を郵送する「送骨」を受け付けている所であれば2万程度で埋葬してくれるところもあります。

樹木葬

樹木葬とは、墓石の代わりに樹木の下に遺骨を埋葬するお墓です。
遺骨が土に還るタイプと還らないタイプがありますが、1人での利用であれば土に還るタイプが多めです。

1人用の樹木葬で多いタイプは、広い芝生のようなエリアの中心にシンボルツリーが1~数本植えられており、その周辺に遺骨を埋葬していくものです。
このタイプの樹木葬は、「合祀」タイプと表記されることがままあります。
一般的に言われる「合祀墓」とは異なり、遺骨は土に直接埋めるので、他の遺骨とは混ざりません。

自分の遺骨を希望した通りに扱ってもらうには

自分の遺骨の処理は、自分ではできません。
必ず遺された人が何かしらの処分をしなければなりません。
では、希望するように遺骨を処理してもらうには、どうしたらいいでしょうか。

遺骨の扱いの決定権は誰にあるか

まず、自分の遺骨の扱いは誰が決めるのでしょうか。
遺骨は、祭祀財産というものに含まれます。
祭祀財産とは、お墓、仏具、系譜など、その家の祭祀全般に物を指し、一般的な相続財産とは区別されます。

祭祀財産の承継者は、以下のように決められます。

第897条
1 系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。
2 前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。

簡単に言うと、祭祀承継者は故人の指定で決まります。
個人の指定が無ければ慣習に従い、慣習も分からなければ家庭裁判所に決めてもらいます。

遺骨の扱いは祭祀承継者が決めるので、自分がどう供養されるかは、祭祀承継者に委ねられることになります。

遺言書で供養の方法を指定することはできる?

遺言書で指定できることは、相続や遺産、身分上の事項などに限られます。
自分の遺骨の処遇については、記載しても、法的な拘束力は発生しません。

したがって、遺言書やエンディングノートに自分の希望を記載することはできますが、それを実行するかどうかは遺族の手にかかっています。

必ず家族や親族に希望を伝えておく

以上のことから、自分で遺骨の処遇について指定しても、結局遺骨をどうするかは遺族次第になります。
なので、散骨にしてほしい、合祀墓に入れてほしいなどの希望は、事前に遺族に説明し、合意を取り付けておきましょう。

また、合意を取り付けないまま、合祀墓などの生前契約を強行するのもお勧めしません。
親族トラブルの原因にもなりますので、まずは穏便に希望を伝えておきましょう。

まとめ

自らの意思で無縁仏になることは難しいと言えますが、知り合いや親族のお墓に入らないことはできます。
1人用のお墓を検討する場合は樹木葬や合祀墓がおすすめです。
また、遺族に散骨をお願いしても良いでしょう。

ただし、自分の遺骨の処遇については遺族に決定権があります。
希望する供養の形があるなら、事前に家族に希望を伝えて、合意を取り付けておきましょう。

永代供養墓をお探しの方へ

お墓さがしでは全国のお墓を紹介しています。
永代供養のお墓を探しの方は、是非こちらからお近くの永代供養墓を探してみてください。

全国の永代供養墓を探す

全国の永代供養墓を探す