チェックした霊園をまとめてお問い合わせ
  • 港区の霊園・墓地の平均価格

    • 一般墓地
      365.3万円~
    • 永代供養
      66.7万円~
    • 納骨堂
      121.9万円~
    • 樹木葬
      19.0万円~
  • 港区の墓地・霊園で よくある質問

  • 区画タイプから霊園・墓地を探す

  • 運営形態から霊園・墓地を探す

  • 宗旨・宗派から霊園・墓地を探す

  • 特徴から霊園・墓地を探す

  • 港区付近の霊園・墓地を探す

  • 関東の都道府県から霊園・墓地を探す

  • 港区の 霊園・墓地事情

    港区は、東側を東京湾に接した23区の中央に位置する区です。
    虎ノ門や新橋などのオフィス街、青山やお台場などの商業エリア、麻布や白金台などの高級住宅街など、様々な方向で開発が進んでいます。
    中央区、千代田区と共に「都心3区」に数えられる大都会でありながら、昔ながらの趣を感じる寺社も多く残されています。

    港区(東京都)の墓地・霊園の特徴

    区内には寺院墓地の数が多く、特に浄土宗や浄土真宗などの浄土系の宗派や、曹洞宗や臨済宗などの禅宗のお寺は見つけやすいと言えます。
    寺院墓地を使用するにあたっては、多くの場合でそのお寺の檀家になる必要があります。当然お寺と同じ宗派でなければならず、仏事や御布施などのお付き合いも生じる点に注意しましょう。
    ただし、区内に数多くある納骨堂などの継承不要のお墓については、宗教を問わず利用できることも少なくありません。

    また、寺院墓地と比べれば数は圧倒的に少ないものの、現代風の民営霊園もいくつかあります。宗教に縛られたくない方や、公園風の明るい雰囲気のお墓を希望する方は、民営霊園から探してみましょう。

    この他、港区と言えば、都立霊園を代表する「都立 青山霊園」があります。
    歴史が長く著名人が多数眠っており、加えて南青山の都心の一等地にあることから、青山霊園にお墓を持つことを1つのステータスと捉える風潮もあります。
    ただし、墓地使用者の募集は年に1回で、倍率は14倍前後。お墓を建てたいと思ったときにすぐに申し込めない点は難しいところです。

    港区(東京都)のお墓の特徴

    港区には、従来の墓石を建てる一般墓の他、納骨堂が多数建てられています。
    納骨堂のバリエーションも豊富で、ロッカーのような区画にご遺骨を安置する「ロッカー式」や、仏壇と収骨棚がセットになった「仏壇式」、ご遺骨が参拝スペースまで機械に運ばれてくる「自動搬送式」など、どのようなタイプの納骨堂もおおむね区内で見つけることができます。
    この他、樹木葬や集合個別式の永代供養墓などもあります。

    港区(東京都)の一般墓の特徴

    港区には昔ながらの寺院墓地が多数あるため、お墓の形も伝統的な和型墓石が多く見られます。
    ただし、洋型のお墓やデザイン墓石を建てられないかと言えばそうではなく、民営霊園や都立 青山霊園、区画を新規造成している寺院墓地などで建てることができます。

    墓所の広さはおおむね0.2㎡~0.8㎡程度で用意されています。1㎡以上の墓所を用意している所もいくつかありますが、区内の平均からするとかなり広く、費用も高額になります。

    港区(東京都)の永代供養墓の特徴

    港区内では、継承を必要としない永代供養のお墓も豊富にあります。
    永代供養墓とは、お墓を管理するお寺などが故人を供養してくれるお墓です。
    家族や親族で供養を引き継いでいく必要がないので、跡継ぎがいない方や、自分やご夫婦だけのお墓を持ちたい方などに選ばれています。
    港区では、永代供養墓の中でもとりわけ納骨堂が多いことが特徴的です。一方、樹木葬を取り扱う墓地は少なく、貴重です。
    この他、合葬墓や、集合個別式の永代供養墓などもあります。

    港区(東京都)の樹木葬の特徴

    港区内の樹木葬は、墓地内の一角に小さく設けられる小規模なものが主流です。
    中でも、区画を区別しない合葬形式の樹木葬を用意している所はありますが、個別区画の樹木葬を探すことは難しいかもしれません。
    そもそも数が少ないため、色々なタイプの樹木葬から検討したい方は、近隣エリアも含めて探すことをおすすめします。

    港区(東京都)の納骨堂の特徴

    港区内には様々な種類の納骨堂があります。
    納骨堂自体の数も多いため、区内だけでも様々な選択肢から十分に検討できます。

    「ロッカー式」や「仏壇式」などの従来のタイプに加えて、「自動搬送式」納骨堂も多く建てられています。
    自動搬送式納骨堂とは、近年東京都心を中心に急増している納骨堂です。
    屋内に設けられた参拝スペースに機械が遺骨を運んでくる仕組みになっており、機械の操作は専用のカード1枚でできます。
    建物全体のデザイン性が重視される場合が多く、ホテルの雰囲気の所も珍しくありません。
    ご夫婦やご家族で利用できるほか、屋内の快適な環境でいつでもお参りできること、永代供養がついていることから、自動搬送式納骨堂のお問合せも増えています。

    この他、お一人で利用しやすい「位牌式」区画を用意している納骨堂もあります。

    港区(東京都)のお墓のアクセス

    港区の公共交通網は非常に発達しており、駅から徒歩10分以内でも多くの墓地から検討できます。JR、都営三田線・大江戸線、東京メトロ南北線・日比谷線・銀座線などの各線各駅から、気軽にアクセスできるでしょう。

    お車では、首都高をご利用なら都心環状線、目黒線、渋谷線などでアクセスできます。ただし、都心の墓地なので、駐車場がない、あるいはとても小さいということがあるので、注意が必要です。駐車場の様子や周辺のパーキングなどもあわせて調べておきましょう。

    港区(東京都)にある公営墓地

    港区には、都立霊園の代表とも言える「都立 青山霊園」があります。

    墓地の使用は随時申し込める訳ではなく、年に1回の抽選で使用者を決定します。
    応募は、例年6月下旬(または中旬)~7月中旬(または上旬)頃に実施されます。

    また、都内に居住していることなど、申し込み資格にはいくつか要件があります。
    募集の時期に配布される、「申込みのしおり」に記載されているので、事前に確認しておきましょう。

    なお、都立 青山霊園の募集倍率は例年14倍前後です。
    3,4年間毎年応募しても落選し続けるということも珍しくないので、できるだけ早くお墓を用意しておきたい方は、周辺の民営霊園なども検討しておくとスムーズです。

  • 港区の霊園・墓地に関する お役⽴ちコラム